トップ > 美容、エステの用語集 > 用語説明

当サイトのオススメエステ

エステのことならスリムビューティハウス
特別お試し体験キャンペーンを実施中!高い技術と奥深い理念を基に、ひとり一人の体質に合わせたオリジナル施術は世界から注目!
ダイエットのプロが集結!エステ・プラソン
ダイエットのスペシャリスト達が技術を終結し誕生したサロンエステ・プラソンがキレイになりたい女性へ特別なエステ・コースをお得なスペシャルプライスで提供中!
ミスパリ エステティック体験来店キャンペーン
オリコン人気エステランキング総合部門で4位、各部門では1位をとるなど今年で創業25年を向かえる隠れた人気エステティックサロンです。

用語説明

●アーユルヴェーダ
5000年以上前からインドに伝わる伝統医学のこと。

●アンチエイジング
直訳すると、抗老化・抗加齢という意味です。一般的にエステの中では「若返り」する施術のことをいいます。若返りとは、実年齢よりも若く見える、また維持することを言います。

●運動療法
施術者、または疾患を持つ本人が身体を動かすことによって、回復を促進させる運動を使った治療方法の総称です。疾患によって対処が違い、効果がある対象には、筋肉骨格系・神経系・内部障害系・小児発達系・老人系・生活系などがあります。体を動かすことによって得られるストレス発散効果、リラクゼーション効果にも注目されています。

●科学療法
科学的に合成された薬品や物質を使って行う治療方法の総称です。一般的には病原微生物や肝細胞などを使い疾病に利用するもののことをさしますが、エステでは美容効果のある物質やオイルなど、ボディケアやリラクゼーションに役立てています。

●キャビテーション効果
超音波の作用のひとつで、超音波が液体中に加える張力によって、空洞(真空の泡)を生じる現象のことです。この泡が押しつぶされることでさらに衝撃波を生じ、そのエネルギーを洗浄などに利用します。

●コラーゲン
動物の結合組織の主な成分で、皮膚に多く含まれるたんぱく質の一種です。強度や弾力性を保つのに必要で、骨や軟骨の強度保持や、皮膚のハリに影響を与えます。コラーゲンを配合した化粧品や健康食品は数多く販売されていますが、主に保湿の目的で摂取します。関節の痛みを改善する効果は、科学的にはまだ立証されていません。

●セルバンク
自分の状態の良い肌細胞を、半永久的に保存し、皮膚再生利用に活用するサービスのことです。老齢化し、肌トラブルが起こったときに対処療法ではなく元の自分の健康な状態に戻りたいときに使用します。皮膚再生医療では、細胞培養し、注射等によって体内の中で治癒力を高めるものなので、感染症など疾患がないことを確認した上で、セルバンクに保存することが可能となります。

●ターンオーバー
肌の新陳代謝のサイクルのことです。健康な人の場合は、約28日で最初の細胞は垢となって剥がれ落ちます。ターンオーバーに時間がかかると、メラニンや汚れが皮膚の中にたまり皮膚の上層部である角質層が厚くなり、様々な肌トラブルの原因となります。

●徒手
「としゅ」と読み。手に何も持っていないこと、素手の状態を指します。マッサージなど施術を行う際に、道具を使わず自分の力のみで行う方法のことです。

●あるプチ整形
手術でメスを使わずに行う整形方法のことを言います。注射や薬剤などで、短期間の間、症状を改善する施術が多く、目鼻立ち、輪郭、シワなどの局部的なコンプレックス解消のために行います。従来の美容整形よりも、低価格で安全性が高く、手軽に行なえることから人気が出ています。

●フルーツ酸
AHAと呼ばれており、ピーリングに使用する薬剤の一種です。中でも、その作用が穏やかで肌に優しいものです。その分、海外で行われている強い薬剤でのピーリング剤とは違い1回で劇的に肌が変わるわけではありません。負担を最小限にしながら施術を数回にわけて、効果が出ると言われています。また市販品の化粧品の中にもAHA配合と記されているものがたくさんあります。

市販品の場合、誤った使い方をしたとしても極力トラブルがないように、ごく薄い濃度で作ってあります。エステでおこなうピーリングに比べると、「しっかり洗顔ができる」程度の物が多いので、誇大広告に惑わされず選びたいですね。

●ボディーメイク
加齢や太り過ぎなどによる自然現象によって、崩れてしまった体形を美しい形に成形する方法です。体のゆがみをととのえバランスの良い体を作る美容エクササイズや、飲食に対するアドバイス、補正下着など補助具を使う方法などさまざまあります。

●メタボリックシンドローム
内臓脂肪肥満によって、生活習慣病がひき起こされやすい状態のことを指します。動脈硬化性の疾患(心筋梗塞、脳こうそく、内臓脂肪蓄積、糖尿病、高脂血症、高血圧症など)にかかる危険性が高く、生活習慣の改善によるダイエットが必要です。

●メラニン
人体内において形成される色素で、黒褐色のユーメラニン(真性メラニン)と、橙赤色のフェオメラニン(亜メラニン)の二種類を持っています。太陽光線による細胞のダメージを防ぐために紫外線を吸収する働きをもち、その作用が美容的にはシミの生成となってしまいます。

●医業類似行為(いぎょうるいじこうい)
医師免許をもたない人が行う医療行為のことをいいます。昔から民間療法として行われてきているものが多く、現在法律で認められているのは、「あん摩マッサージ指圧師」、「はり師」、「きゅう師」、「柔道整復師」の4種類の資格です。

●活性酸素
酸素が科学的に活性になったもので、強い酸化力を持ちます。加齢、ストレス、紫外線などの影響で、体内に発生し、生活習慣病や老化、がんなどの疾病の原因と言われています。酵素が活性酸素を除去する働きが強いといわれ、食材や健康食品など外部から摂取するなど、抗酸化に対してのケアが必要です。

●光線療法
物理療法のひとつで、人工的に可視光線を照射することで身体の不具合などの治療を行うことです。

●好転反応
施術の後、自然治癒力が高まるために身体が反応し、数時間〜数日の間、普段と違った体調の変化が起きることを言います。体が前向きに、不調を克服しようとしている表れと言われ、自然に消え体調の向上につながるのですが、もしも自然に治癒しない場合、何らかの疾病の発見につながる場合もあるので医師による診断が必要になります。

主な症状としては、過去の不調が戻ること、喉が渇き水分を要求すること感情の起伏が激しくなること、拝毒効果により尿・便の回数、げっぷやおならが増えること、発熱発汗があること、などがあります。

●物理療法
物理的なエネルギー、熱・水・光・電気・徒手などを使って身体の外側から働きかける方法の総称です。痛みの緩和、循環器系の改善、リラクゼーションに効果があるといわれている治療方法が多く、温熱療法・水治療法・光線療法

・電気療法・マッサージに大別されます。

●未病
病院に行くほどではないが、ストレスなどで心身に疲労感や不調を感じる状態のこと。

●バランス活性療法
身体を観察し、バランスを調整することにより情報を整える療法のことです。


 

この記事のカテゴリーは「美容、エステの用語集」です。
人気の記事

エステ全般

●アートメイク 眉毛や唇の輪郭などに入れる入れ墨のことです。従来の入れ墨とは違い...

ヘアケア関連用語

●ヘアケア 頭皮や頭髪の手入れのことです。エステティックサロンというと、フェイシ...

用語説明

●アーユルヴェーダ 5000年以上前からインドに伝わる伝統医学のこと。 ●アンチ...