トップ > オステオパシーに関する施術方法 > 灸(きゅう、やいと)

当サイトのオススメエステ

エステのことならスリムビューティハウス
特別お試し体験キャンペーンを実施中!高い技術と奥深い理念を基に、ひとり一人の体質に合わせたオリジナル施術は世界から注目!
ダイエットのプロが集結!エステ・プラソン
ダイエットのスペシャリスト達が技術を終結し誕生したサロンエステ・プラソンがキレイになりたい女性へ特別なエステ・コースをお得なスペシャルプライスで提供中!
ミスパリ エステティック体験来店キャンペーン
オリコン人気エステランキング総合部門で4位、各部門では1位をとるなど今年で創業25年を向かえる隠れた人気エステティックサロンです。

灸(きゅう、やいと)

灸は古く中国の影響を強く受けた、中国・チベット・モンゴル地方の伝統医学で、温熱刺激によって、治療する技術のことです。

日本ではもぐさを皮膚に乗せて火をつける方法が主流です。方法によっては、熱すぎて火傷を負う危険もあり、制裁を加える方法として「お灸をすえる」という慣用句がありました。

現在は、身体に危険のないように改良されており、自分でできる市販品も多く売られており手軽な療法です。

◆効果
・筋肉骨格系の機能障害の治療と予防
・疲労回復
・ストレス除去
・関節の動きの改善
・健康増進
・腰痛や肩こり
・頭痛などの疝痛緩和
・神経系統の正常化
・婦人科系の不調
・身体機能の向上
・アレルギー症状の緩和や予防

◆注意点
昔から民間治療として幅広く普及されており、自宅でできる商品もたくさん販売されています。火を使うので火傷の危険性があり、正しい使用知識が必要です。きちんとした効果を求めるならば専門の技術があるところでの施術をおすすめします。

灸を業として行う場合は、灸師免許が必要です。医師でないと、病名診断や投薬はできません。施術院はよく選ぶことが必要です。

ほとんどの施術院では保険での治療が可能です。「好転反応」といい、一時的に不調が戻ってきたり、発熱や発汗、感情の起伏などが起こることがあります。

皮膚の弱い人、皮膚疾患のある人、感染症にかかっている人、出血性の病気にある人、幼児、老人には注意が必要です。また頭部、顔面、外傷のある部分、粘膜など疾患のある部位への使用はできません。食後・飲酒のすぐ後、病気・体調のすぐれないとき過度に疲れがあるとき、皮膚の状態が悪いとき、妊娠初期などには行わないようにしましょう。

この記事のカテゴリーは「オステオパシーに関する施術方法」です。
人気の記事

指圧

指圧は指や手のひらを使って、ツボといわれる体の反射光を刺激して、自然治癒力を促進...

柔道整復術(じゅうどうせいふくじゅつ)

柔道整復術は柔術に含まれる技術を使って、捻挫・打撲などの外科的外傷を治療する方法...

変形徒手矯正術

変形徒手矯正術は関節の機能低下や変形の機能回復を図る技術です。 関節の変形には、...

鍼(はり)

鍼は古く中国の影響を強く受けた、中国・チベット・モンゴル地方の伝統医学で、ハリ(...